宮仕(読み)キュウジ

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐じ【宮仕】

宮中や貴人に仕えること。
「―暇なくて日数を送り、家に帰らず候」〈曽我・五〉

みや‐じ【宮仕】

掃除などの雑役に従事した下級の社僧
「御裁許なくして、神人―射殺され」〈平家・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きゅう‐じ【宮仕】

〘名〙 宮中、または貴人に仕えること。みやづかえすること。
※源平盛衰記(14C前)三一「朝恩にも申し替へて、御宮仕(キウジ)申すべし」
※説経節・しんとく丸(1681‐88頃)四「よの中に、すまじきものはきうじ也、我奉公の身ならずは、かかるうきめを見もやせん」

みや‐じ【宮仕】

〘名〙 掃除などの雑役に従事した下級の社僧。
※百練抄‐治承元年(1177)四月一三日「神人宮仕等同中矢亡命」

みや‐づかい ‥づかひ【宮仕】

※宇津保(970‐999頃)国譲上「我が子になして、みやづかひをも、よろしからん事もせさせよとて」

みや‐づか・う ‥づかふ【宮仕】

[1] 〘自ハ下二〙
① 宮を造営する。宮殿を造ることに奉仕する。
※万葉(8C後)六・一〇三五「たど川の滝を清みかいにしへゆ宮仕(みやつかへ)けむ多芸の野の上に」
② 宮廷または貴人の邸に仕える。宮仕えをする。奉公する。
※源氏(1001‐14頃)椎本「人もいとやむごとなからずみやつかへなれにたれど」
③ 貴人などに仕えて、身の回りの世話などをかいがいしくする。忠勤をはげむ。
※とはずがたり(14C前)一「ねいらて宮づかへ、女房はなにこともこはこはしからす」
④ 神仏に奉仕する。
※地蔵菩薩霊験記(16C後)一一「人々の御為に地蔵菩薩にみやづかへ奉て不思議の御利生にあづかり」
[2] 〘自ハ四〙
① (一)②に同じ。
※愚管抄(1220)三「その時五位蔵人、左少辨とて、時の職事なれば、ちかくみやづかひておはしけるに」
② (一)③に同じ。
※平家(13C前)八「建礼門院のいまだ中宮にてましましける時、その御方に宮つかひ給ひしを」
③ (一)④に同じ。
※平家(13C前)一「したどのに候もろもろのかたは人にまじはって、一千日が間朝夕みやづかひ申さむとなり」
[3] 〘他ハ四〙 宮仕えさせて召し使う。奉公させて使う。
※古今著聞集(1254)一六「みやづかふに、かひがひしくまめにて」

みや‐づかえ ‥づかへ【宮仕】

〘名〙
① 宮中に仕えること。また、宮廷に出仕すること。
※書紀(720)天武二年五月(北野本訓)「夫れ初めて出身(ミヤツカヘ)せむ者をば、先づ大舎人に仕へ令めよ」
※源氏(1001‐14頃)桐壺「この人の宮仕への本意、必ずとげさせ奉れ」
② 貴人の家に仕えること。仕官。奉公。
※大和(947‐957頃)一四八「この宮づかへするところの北の方亡せたまうて」
③ 主人や目上の者などの身のまわりの世話をすること。奉仕してかいがいしく尽くすこと。給仕すること。
※落窪(10C後)一「この宮づかへいとわづらはしく侍れど」
※浄瑠璃・冥途の飛脚(1711頃)下「舅御の臥悩の抱きかかへ、みやづかへは嫁の役」
④ 神仏に奉仕すること。
※栄花(1028‐92頃)玉のうてな「あはれなる尼なり。三時の花のみやづかへを仕うまつる」
⑤ 官庁・会社などに勤務すること。
※激流(1963)〈高見順〉三「殿木も宮仕(ミヤヅカ)えした以上は、ああいう道を辿らざるをえないね」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の宮仕の言及

【北野天満宮】より

…北野には目代を置いて事務を処理した。祠官は宮仕(みやじ)と称し,松梅院,徳勝院,妙蔵院その他があり,江戸時代には松梅院が神事奉行として責任者となり,宮仕が交替して年預(ねんよ)となり社務をつかさどった。祭礼は25日が月例祭で,ほかに10月4日の〈ずいき祭〉など多い。…

※「宮仕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android