袖の氷(読み)ソデノコオリ

デジタル大辞泉の解説

そで‐の‐こおり〔‐こほり〕【袖の氷】

涙にぬれた袖がこおること。悲しみに閉ざされた心のたとえ。
「よそにても、思ひだにおこせ給はば、―も溶(と)けなむかし」〈真木柱

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そでのこおり【袖の氷】

袖をぬらした涙の凍ったもの。袖のつらら。 「わが-は春も知らなくに/蜻蛉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる