つらら(英語表記)icicle

翻訳|icicle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

つらら
icicle

軒先などから垂れ下がった柱状氷柱と書き,氷(ひょうちゅう),垂氷(たるひ)ともいう。気温が氷点以下で,雨や雪などの水が地物の端から落ちるとき,地物の端から凍結し始め,その凍結面をつたって水が落ちるため氷はしだいに下方へ向かって延び,先細の氷柱となる。長いものは数mにも及ぶことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

つらら
つらら / 氷柱

屋根に積もった雪の一部が解けて軒先に流れ出し、それがふたたび凍って氷柱状になったもの。成長して何メートルもの長さになることがある。また氷柱の先端がしだいに家屋側に曲がって巻き垂れになり、窓ガラスを破ったりする。つららができないような屋根の構造がくふうされている。水がしたたる崖(がけ)などにできるつららは、ときには一抱えの太さで長さ10メートルにも成長する。[篠原武次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

つららの関連情報