コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被覆燃料粒子 ひふくねんりょうりゅうし coated fuel particle

1件 の用語解説(被覆燃料粒子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

被覆燃料粒子
ひふくねんりょうりゅうし
coated fuel particle

直径数百μmのセラミック燃料核に CVD法 (化学蒸着法) で炭素や炭化ケイ素を被覆した直径約 1mmの燃料球。これを黒鉛の中に分散させ高温ガス炉の燃料として用いる。放射性物質の閉じ込め特性に優れ,1600℃以下ではほとんど漏れることはない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

被覆燃料粒子の関連キーワードセラミックエンジンバイオセラミックスエレクトロニックセラミックスセラミックアートセラミックセンサーセラミックターボセラミックヒーターアドバンストセラミックス圧電性セラミックスセラミックモールド法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone