補仮想仕事の原理(英語表記)principle of complementary virtual work

法則の辞典の解説

補仮想仕事の原理【principle of complementary virtual work】

実際の一般化変位やひずみを仕事の単位となるように仮想一般化力(力や曲げのモーメントなど)や仮想応力を乗じて得られるスカラー量を「補仮想仕事」と呼ぶ.変形適合状態場の補仮想仕事はゼロである.これを,補仮想仕事の原理という.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android