コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

複合発電方式 ふくごうはつでんほうしきcombined cycle power generation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

複合発電方式
ふくごうはつでんほうしき
combined cycle power generation

ガスタービンと蒸気タービンを組合せて発電する発電方式。複合サイクル発電,コンバインドサイクル発電ともいわれ,1950年代にガスタービン排熱を利用する給水加熱方式として実用化された。その後,ガスタービン技術の進歩によって,排熱回収方式,排気助燃方式,排気再燃方式,給水加熱方式,過給ボイラ方式の5方式が採用されている。近年では,ガス温度 1100℃クラスのガスタービンが実用化されたので,ガスタービン排気も高温となり,ボイラで燃料を使用しない排熱回収方式が主流。総合熱効率 50%以上の高効率ガスタービンの開発や,石炭ガス化複合発電の実用化が進んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

複合発電方式の関連情報