コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

複変成作用 ふくへんせいさようpolymetamorphism

1件 の用語解説(複変成作用の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

複変成作用

変成作用とはすでに変成を受けた岩石がさらに変成作用によって新しい相が組み込まれる作用[Turner : 1948, Read : 1949].変成作用が時間的間隙をおいて,地質学的に異なった変成作用を複数回受けることで,同じ部分に何種類かの変成作用が関係することは一般に普通に行われることである.同じ変成作用が加わった場合でも,変成作用を受けた鉱物や岩石の性質によって鈍感なものも敏感なものもあり,選択的変成作用の考えが必要である[鈴木 : 1994].一連の広域変成作用の間に,異なった鉱物相で変成作用が引き続いて起こるときは多相変成作用(plurifacial(またはpolyfacial)metamorphism)といい,複変成作用とは区別される[片山ほか : 1970].複変成作用には複合変成作用(composite metamorphism)[Tyrrell : 1926],重複変成作用(multiple metamorphism)[Harker : 1932]などの表現がある.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone