複変成作用(読み)ふくへんせいさよう(英語表記)polymetamorphism

岩石学辞典の解説

複変成作用

複変成作用とはすでに変成を受けた岩石がさらに変成作用によって新しい相が組み込まれる作用[Turner : 1948, Read : 1949].変成作用が時間的間隙をおいて,地質学的に異なった変成作用を複数回受けることで,同じ部分に何種類かの変成作用が関係することは一般に普通に行われることである.同じ変成作用が加わった場合でも,変成作用を受けた鉱物や岩石の性質によって鈍感なものも敏感なものもあり,選択的変成作用の考えが必要である[鈴木 : 1994].一連の広域変成作用の間に,異なった鉱物相で変成作用が引き続いて起こるときは多相変成作用(plurifacial(またはpolyfacial)metamorphism)といい,複変成作用とは区別される[片山ほか : 1970].複変成作用には複合変成作用(composite metamorphism)[Tyrrell : 1926],重複変成作用(multiple metamorphism)[Harker : 1932]などの表現がある.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android