コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

複変成作用 ふくへんせいさようpolymetamorphism

岩石学辞典の解説

複変成作用

複変成作用とはすでに変成を受けた岩石がさらに変成作用によって新しい相が組み込まれる作用[Turner : 1948, Read : 1949].変成作用が時間的間隙をおいて,地質学的に異なった変成作用を複数回受けることで,同じ部分に何種類かの変成作用が関係することは一般に普通に行われることである.同じ変成作用が加わった場合でも,変成作用を受けた鉱物や岩石の性質によって鈍感なものも敏感なものもあり,選択的変成作用の考えが必要である[鈴木 : 1994].一連の広域変成作用の間に,異なった鉱物相で変成作用が引き続いて起こるときは多相変成作用(plurifacial(またはpolyfacial)metamorphism)といい,複変成作用とは区別される[片山ほか : 1970].複変成作用には複合変成作用(composite metamorphism)[Tyrrell : 1926],重複変成作用(multiple metamorphism)[Harker : 1932]などの表現がある.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

複変成作用の関連キーワード阿武隈変成帯多重変成作用飛驒変成帯

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android