間隙(読み)カンゲキ

デジタル大辞泉の解説

かん‐げき【間隙】

物と物との、あいだ。空間的・時間的すきま。「人込みの間隙を縫って進む」「ディフェンスの間隙を突かれる」
人間関係の隔たり。不和。「二人の間に間隙を生じる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐げき【間隙】

〘名〙
① 物と物とのあいだ。すきま。ひま割れ目
暦象新書(1798‐1802)中「小分子間粘合猶強く」
② 人間関係の不和。仲たがい。

まがな‐すきがな【間隙】

〘副〙 (「がな」はもと副助詞。特定しない「間」なり「隙」なりの意から) ひまさえあればいつも。ひっきりなしに。まがなひまがな。
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)上「そちへは与兵衛めが、間がなすきがな入り浸って居る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

間隙の関連情報