間隙(読み)まがなすきがな

精選版 日本国語大辞典「間隙」の解説

まがな‐すきがな【間隙】

〘副〙 (「がな」はもと副助詞。特定しない「」なり「」なりの意から) ひまさえあればいつも。ひっきりなしに。まがなひまがな。
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)上「そちへは与兵衛めが、間がなすきがな入り浸って居る」

かん‐げき【間隙】

〘名〙
① 物と物とのあいだ。すきま。ひま。割れ目
暦象新書(1798‐1802)中「小分子間隙粘合猶強く」
② 人間関係の不和。仲たがい。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「間隙」の解説

【間隙】かんげき

すき。〔漢書、劉向伝〕群小隙を窺ひ見、し、巧言醜詆、言飛(かまびす)し。

字通「間」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android