変成(読み)ヘンジョウ

デジタル大辞泉「変成」の解説

へん‐じょう〔‐ジヤウ〕【変成/変生】

別の姿に変わること。仏の功徳によって生まれ変わること。また、その生まれ変わったもの。へんせい
彼婦人あのおんな裾張蛇すそっぱりじゃの―だろう」〈二葉亭浮雲

へん‐せい【変成】

[名](スル)が変わってでき上がること。形を変えてつくること。また、物質4が変わること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「変成」の解説

へん‐せい【変成】

〘名〙
① 形が変わってできること。また、形を変えてつくること。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉四「此変成の文法終に一箇の体裁を為し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

岩石学辞典「変成」の解説

変成

変化した成層した岩石に関連して,ライエルが導入した語[Lyell : 1835].ギリシャ語のmetaは後,morpheは形の意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android