複雑骨折(読み)フクザツコッセツ

大辞林 第三版の解説

骨および周囲の軟部組織に重大な損傷を伴う骨折で、特に皮膚の外に骨折端が露出する場合をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 骨折の一つ。骨折に伴って皮膚・軟部も共に破壊され、骨折端が外表部に表われたもの。骨折しても皮膚を破ったりしないものを単純骨折という。開放骨折。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の複雑骨折の言及

【骨折】より

…開放骨折の場合,たとえ皮膚の創傷がどんなに小さくても,骨折部が直接外界と交通しているため,感染を起こす危険性があり,骨折の修復過程にも不利な点が多い。なお開放骨折と複雑骨折compound fracture,閉鎖骨折と単純骨折は同意語として用いられており,骨折線がどのように複雑であっても,外界との交通がなければ単純骨折である。しかし,このような表現はともすれば混乱を招くので,複雑骨折,単純骨折という名称は用いないほうがよい。…

※「複雑骨折」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android