コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

褌親 フンドシオヤ

デジタル大辞泉の解説

ふんどし‐おや【×褌親】

褌祝いに際して後見人として頼む仮親。回し親。へこ親。

へこ‐おや【×褌親】

へこ祝いに際して頼む仮親。ふんどし親。まわし親。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へこおや【褌親】

へこ祝いのとき、後見人になってもらう仮の親。回し親。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の褌親の言及

【褌祝】より

…褌の着用は性の成熟を象徴するが,オバクレフンドシと称して,伯叔母から褌を贈られる慣習には,伯叔母と甥との間に,かつて単なる象徴以上の関係があったことを推測させる。成年式のころに,地域の適当な男子に褌親を依頼する地方もあった。その場合は,他人の男子から褌をもらうわけであり,その擬制的な親子関係は生涯にわたって親密に続けられた。…

※「褌親」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

褌親の関連キーワード褌祝い・褌祝