コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

褐条病(パスパルム)

1件 の用語解説(褐条病(パスパルム)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

褐条病(パスパルム)

若い葉では初め灰白色、楕円形の小病斑を生じ、これが葉脈に沿って次第に縦に広がり、赤褐色の長い条斑になる。病斑部は紙のように薄くなって裂けやすくな る。罹病葉上からは多数の細菌が検出され、これが風雨などにより飛散して伝播する。病原バクテリアトウモロコシ、イネ、アワ、シコクビエ、キビなど多く のイネ科植物に寄生する。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

褐条病(パスパルム)の関連キーワード褐条病(トウモロコシ)褐条病(テオシント)赤葉枯病(トールオートグラス)褐斑病(シロクローバ)灰斑病ヘヤリーベッチ