コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シコクビエ

百科事典マイペディアの解説

シコクビエ

オヒシバ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シコクビエ【finger millet】

イネ科の一年生穀物。原産地はアフリカ。草丈1~1.5m,杆(かん)は扁平で角稜があり,伸長した節間に1~4個の伸長しない節間がはさまることが多いので,外観上1節から2~4葉が生じているように見える。穂は3~10本の枝梗が輪生し,鳥の趾(あし),あるいは手のひらの指形になる。各枝梗は5~10cm,2列に小穂がつく。穎果(えいか)は球形で,長さ1.5mm,幅1.4mm,成熟すれば脱粒しやすい。日本で雑草としてふつうに見られるオヒシバ近縁種で,本種の成立に関与しているとする説もあるが,染色体数は異なる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シコクビエ
しこくびえ / 四国稗
[学]Eleusine coracana Grtner

イネ科の一年草。アフリカおよびインドの原産と考えられる。オヒシバに近縁で、雑穀として栽培される。サバンナ農耕文化の指標作物でもある。日本への伝来年代は未詳であるが、かなり古い時代に中国を経て伝来したとみられる。四国で多く栽培されたとしてこの名があるが、近年まで全国的に山間で少量ずつ栽培されていた。外国ではエチオピア、スーダンで作付けが多く、インドでは西海岸を中心にシコクビエを主食とする地域がある。
 茎は高さ1~1.5メートル。伸長節間と不伸長節間とが交互にあるので、1節から2葉が出ているようにみえる。茎頂に長さ10センチメートルの花柄を輪生するので、この形を鳥や竜のあしに見立てて、竜爪稷、鴨脚稗の字をあてている。果実は穎果(えいか)で小穂に密生する。長さ1.5ミリメートルの球形で、熟すと容易に脱粒する。昔から焼畑の作物として利用され、栽培方法はヒエに準じる。一部では移植栽培も行われる。精白して粥(かゆ)とし、また粉にして団子やパンをつくる。粘り気がないので、モチアワやキビの粉を混ぜる。東南アジアではもやしをつくって醸造用にも使われる。茎葉は家畜の飼料にする。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシコクビエの言及

【オヒシバ】より

…また中国の奥地ではヒツジの飼料にすることがある。雑穀の1種のシコクビエE.coracana (L.) Gaertn.はアフリカやインドや中国では主食用として用いられ,中国や日本でもまれに栽培される。【小山 鉄夫】。…

【雑穀】より

… 世界における雑穀の主要な起源地域はアジアとアフリカで,この二つの地域ではそれぞれ独自の雑穀が成立した。アジア起源の代表的な雑穀はアワSetaria italica,キビPanicum miliaceum,ヒエEchinochloa utilis,インドビエE.frumentacea,ハトムギCoix lacrymajobi var.mayuenの5種であり,アフリカ起源のものとしては,モロコシ(ソルガム)Sorghum bicolor,シコクビエEleusine coracana,トウジンビエPennisetum americanumがあげられる。以上の雑穀は広い地域で栽培されているが,現在でも特定の地域にだけ栽培が局限されている雑穀がある。…

※「シコクビエ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シコクビエの関連キーワードいもち病(トウモロコシ)褐条病(トウモロコシ)褐条病(パスパルム)サバンナ(植生帯)穀物栽培文化ヒマラヤ山脈ナンディ族シルック族パドゥラ族トンガ族チャガ族マリンケアザンデヨルバ族グルン族カンバ族ティブ族ネパールアラックイネ科

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android