コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西別 にしべつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西別
にしべつ

北海道東部,西別川の中流域にある別海町の中心集落。現在は別海と改称。昭和初期まで穀物栽培地,ウマ放牧地であったが,1934年標津線 (1987廃線) が開通し,根釧台地開発の進展に伴って町の中心集落が形成された。第2次世界大戦後は酪農への転換が進み,牧草地が増加。乳製品工場が立地している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の西別の言及

【別海[町]】より

…地名はアイヌ語の〈ペツ・カイエ(破れ川または折れ川)〉に由来する。東は根室海峡と根室湾に面し,根釧(こんせん)台地東部を占め,西別川など大小の河川が東流する。中心は西別川中流沿いの別海で,国道243号線が通じる。…

※「西別」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

西別の関連キーワード福井県あわら市吉崎ベニザケ(紅鮭)小野 小野三小野小野三別海[町]川南古墳群亀岡(市)下ヨシ子早瀬来山算盤坊主土俵入りニジマス吉崎御坊ベニザケカワマス亀岡市藻琴山外位

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西別の関連情報