コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転換 テンカン

3件 の用語解説(転換の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てん‐かん〔‐クワン〕【転換】

[名](スル)
別のものに変えること、特に、傾向・方針などを、違った方向に変えること。また、別のものに変わること。「政策の転換をはかる」「話題を転換する」「配置転換
精神分析の用語。抑圧された願望が、身体的症状となって外部へ表れること。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

てんかん【転換 conversion】

原子炉中で,熱中性子では核分裂しにくいウラン238 238Uやトリウム232 232Thが中性子捕獲反応によって,238U+n―→239U (中性子の捕獲)239U―→239Np+β (半減期23分)239Np―→239Pu+β (半減期56時間)232Th+n―→233Th (中性子の捕獲)233Th―→233Pa+β (半減期22.1分)233Pa―→233U+β (半減期27.4日)という壊変を経た結果,熱中性子で核分裂を起こすことのできるウラン233 233Uやプルトニウム239 239Puに変化すること(上式でnは中性子,βはβ線を示す)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

てんかん【転換】

( 名 ) スル
別の異なるものに変えること。向きを変えること。また、変わること。 「気分を-する」 「話題を-する」
〘心〙 精神分析で、抑圧された欲求や葛藤が身体的症状の形をとって表れること。ヒステリーの症状形成にかかわる。 〔類義の語に「変換」があるが、「変換」は具体的物質的なもの、たとえばエネルギー・文字などを他の同等のレベルや別の形態に変える意を表す。それに対して「転換」は抽象的なもの、たとえば気持ち・方針・性質などをそれまでとは別の異なるものに変える意を表す〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の転換の言及

【原子炉】より

…これらの原子核は中性子を捕獲すると 238U+n―→239U+γ 239U―→239Np+β(半減期23.5分) 239Np―→239Pu+β(半減期2.35日) 232Th+n―→233Th+γ 233Th―→233Pa+β(半減期22.2分) 233Pa―→233U+β(半減期27日)と2度のβ崩壊を経て核分裂性物質である239Puや233Uに変化する(ここでnは中性子,γはγ線,βはβ線)。この現象を転換といい,核分裂性原子1個が核分裂する間に生成する核分裂性原子の数を転換率という。転換率が1より大きいときには原子炉の運転にしたがい炉心で核分裂性物質の量が増えていくので,転換率といわず増殖率という。…

※「転換」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

転換の関連情報