コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

別海町(読み)べつかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

別海〔町〕
べつかい

北海道東部,根室湾に面する町。 1971年町制。地名はアイヌ語ペツカイユ (川の折れ曲っているの意) に由来。中心集落は別海 (旧西別) 。町域の大部分は根釧台地で,第2次世界大戦後北海道総合開発事業の一環として北東部の富岡地区に大規模な農場,根釧パイロットファームが建設された。さらに 73年頃より,東部に新酪農村の建設が進められ,農地の造成,農業用水・道路の整備が行われた。乳牛の飼育を中心とした酪農が主産業で,サケ・マス漁,ホタテガイ養殖も行われる。東部海岸に風蓮湖尾岱沼,野付崎があり,野付風蓮道立自然公園に属する。国道 243号線,244号線,272号線が通る。面積 1319.63km2。人口 1万5273(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

別海町の関連情報