コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西別川 にしべつがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西別川
にしべつがわ

北海道東部を流れる川。摩周湖南東岸の西別岳 (800m) に源を発し,根釧台地を南東ないし東へ流れて,根室海峡に注ぐ。全長 73.8km。下流部の河谷は低湿な泥炭地を形成。サケの遡上する主要河川の1つで,上流の標茶 (しべちゃ) 町虹別 (にじべつ) にサケ・マス孵化場がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

西別川【にしべつがわ】

北海道東部の川。長さ74km,流域面積442km2。摩周湖南東の西別岳に発し,東流して火山灰におおわれた台地を刻み,泥炭湿地をつくって別海で根室湾に注ぐ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にしべつがわ【西別川】

北海道東部の川。摩周湖南東の西別岳の斜面に源を発し,根釧(こんせん)台地をほぼ東流して,別海(べつかい)で根室海峡に注ぐ。流路延長80km,流域面積約440km2。大正末期ごろから移民によって開拓された上・中流部の原野では酪農畑作が営まれているが,下流部は低温な泥炭地で未開発のままである。水源地域では豊富な地下水が湧出,サケ・マスの孵化場が設けられている。川沿い網走市根室市を結ぶ国道243号線が通じる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西別川
にしべつがわ

北海道東部を東流して根室(ねむろ)湾に注ぐ川。延長65キロメートル、流域面積440平方キロメートル。摩周湖東方の西別岳(800メートル)に発し、根釧(こんせん)台地を東流する。流域は日本の代表的酪農地域で、広大な草地に近代的なスチールサイロが並ぶ景観が美しい。[進藤賢一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

西別川の関連キーワードベニザケ(紅鮭)別海[町]

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西別川の関連情報