西村寿行(読み)にしむら じゅこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西村寿行 にしむら-じゅこう

1930-2007 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和5年11月3日生まれ。西村望の弟。昭和44年「犬鷲」でオール読物新人賞佳作。つづいて動物小説や社会性をうちだした推理小説を発表。50年の「君よ憤怒の河を渉れ」のころからバイオレンス小説を手がけ,流行作家となった。平成19年8月23日死去。76歳。香川県出身。本名は寿行(としゆき)。作品はほかに「犬笛」「癌病船」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西村寿行の関連情報