西村望(読み)にしむら ぼう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西村望 にしむら-ぼう

1926- 昭和後期-平成時代の小説家。
大正15年1月10日生まれ。西村寿行の兄。青年時代を満州(中国東北部)でおくる。新聞記者,ルポライターなどをへて,昭和53年「鬼畜」を発表,臨場感にみちた犯罪描写で衝撃をあたえた。「薄化粧」「丑三つの村」など,犯罪者の内面にせまる作品をかきつづける。香川県出身。大連市乙種工業卒。本名は望(のぞむ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android