西鶴大矢数(読み)さいかくおおやかず

大辞林 第三版の解説

さいかくおおやかず【西鶴大矢数】

俳諧句集。五冊。井原西鶴作。1681年刊。前年5月、西鶴が大坂生玉いくたま社別当南坊で興行した「大矢数四千句」(即吟で1日に四千句詠んだもの)を収める。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さいかくおおやかず ‥おほやかず【西鶴大矢数】

俳諧句集。五冊。西鶴作。延宝九年(一六八一)刊。延宝八年五月七日、大坂生玉社南坊に聴衆数千人を集め、西鶴が興行した独吟一日四千句。談林俳諧の種々の題材・手法が展開されている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android