コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

談林俳諧 だんりんはいかい

世界大百科事典 第2版の解説

だんりんはいかい【談林俳諧】

江戸時代の俳諧流派,またその俳風。伝統的な貞門俳諧に反抗して起こり,1670年代(延宝期)を中心に流行,蕉風俳諧の台頭とともに急速に衰えた過渡期の俳諧である。貞門のなまぬるい俳風や堅苦しい作法に不満をもつ人びとが,連歌の余技として解放的・遊戯的な俳諧を楽しんでいた,大坂天満宮の連歌所宗匠西山宗因を盟主とし,一派を成したもので,宗因流,またその俳号から梅翁(ばいおう)流ともいう。談林とはもと僧侶の学寮をいい,初めに江戸の松意(しようい)一派がそれを名のったが,のちに宗因をいただく諸派の俳諧の総称となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

談林俳諧
だんりんはいかい

俳諧流派。またその作風の称。江戸初期約半世紀の俳壇を支配した貞門俳諧にとってかわり、1670年代の約10年間全国俳壇を風靡(ふうび)した。大坂の西山宗因(そういん)に発した風で、本来宗因風とよばれた(「談林俳諧」は後世人の俗称)。その基本的特色は、宗因が『守武(もりたけ)千句』に学んで吹聴(ふいちょう)した無心所着(むしんしょじゃく)(正常な常識を無視した矛盾撞着(どうちゃく)のなかに笑いを求める)の滑稽(こっけい)にあり、守武流儀ともよばれた。貞風も当風も滑稽文学たる点では同性格だが、貞風が伝統的和歌連歌(れんが)の風体たる有心正風(うしんしょうふう)体(正常な事実に即した表現)を重んじた点で対立する。また貞風はこの性格から全体に保守的で滑稽味も微弱消極的であるうえに、俗語の使用を制限したため漸次近世的庶民町人の嗜好(しこう)にあわなくなり、1660年代には停滞の極に達した。これに対し当風の無心所着の手法は滑稽味が強烈で、かつ俗語の使用も自由に認めたので時好に投じ、急速に人気を高めた。この情勢を背景に73年(延宝1)、貞風を不満とする大坂の西鶴(さいかく)一派が守武流儀宗因風を旗印に「生玉万句(いくだままんく)」を興行すると、全国各地に同調者が続出、70年代を通じて旧貞門を圧殺し全俳壇を席巻(せっけん)した。その代表的活動家に、大坂は総帥(そうすい)宗因、闘将西鶴、論客惟中(いちゅう)あり、京に惣本寺高政(たかまさ)、江戸に俳諧談林の松意(しょうい)があった。しかし無心所着体特有の内部矛盾の結果、70年代末には早くも俳風が乱脈に陥って方向を失い、82年(天和2)宗因に死なれると、問題解決に決起した芭蕉(ばしょう)らの新風に克服されて、一時に瓦解(がかい)した。[今 栄蔵]
『今栄蔵著『談林俳諧史』(『俳句講座1』所収・1959・明治書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の談林俳諧の言及

【上方文学】より

…浮世草子は,仮名草子に色濃く見られた教訓・実用性を超克し,現実の世相をリアルにとらえ,人間性を深くえぐり出した小説である。また,貞徳を祖とする〈貞門俳諧〉の保守的・形式的な性格にあきたらなくなった町人階級は,その反動として現実を自由にいきいきと表現しうる西山宗因の〈談林俳諧〉を生み出した。そして談林の堕落の中,松尾芭蕉は中世的な幽幻余情の精神を旨とする〈蕉風俳諧〉を確立した。…

【軽口】より

…原義は口の軽いさま。転じて秀句地口(じぐち),口合(くちあい)の類をいうようになり,さらに転じて西山宗因や井原西鶴ら談林俳諧の風調を指すに至った。その特質は,即興性,速吟性,放笑性などであり,貞門から軽率・放埒な風体として攻撃を受けた。…

【蕉風俳諧】より

…蕉風とは芭蕉によって主導された蕉門の俳風をいうが,それが,貞門時代,談林時代に次ぐ時代の俳風をいう俳諧史用語としても一般に通用している。貞門風(貞門俳諧),談林風(談林俳諧)に対して蕉風はたしかに異質であり,それが元禄期(1688‐1704)の俳風を質的に代表していることも認められるが,一般の俳風が芭蕉によって主導されたとみることは妥当でない。たとえば,蕉門の代表撰集《猿蓑》(1691)の刊行された時点で,俳壇に占める蕉門の勢力は1割強にすぎず,出版点数もまたそれに見合っている。…

【俳言】より

…これらは一見形式主義的にみえるが,和語・歌語になじんだ連歌の様式に漢語・俗語を投げこんだときに生じる違和感,滑稽感や,日常語がにないこんでくる現実性,通俗性などは,俳諧の本質にほかならず,その証拠に,俳言は俳意(俳諧性)と同義に用いられることが少なくなかった。しかし,社会の上下両階層をかかえこむ貞門では,新俗に過ぎる俳言の使用を禁じたため急激に下降し,拡大する作者層の要求にこたえることができず,俳言の規制を質量ともに撤廃した談林俳諧の流行を招いた。談林は俳言の通俗性を最大限にふくらませ,歌語までもそれに同化吸収せしめたが,そこから出た芭蕉は,“俗語を正す”理念を掲げ,俳言を詩語へと昇華させることによって,俳諧文学の革命を遂行した。…

【無心所着】より

…連歌では,心敬の《ささめごと》に〈月やどる水のおもだか鳥屋(とや)もなし〉などを〈無心所着〉の例句として挙げ,〈此姿おほく聞こえ侍り〉と記す。俳諧では岡西惟中談林俳諧の特質を〈無心所着〉性に求め,〈すべて歌・連歌においては,一句の義明らかならず,いな事のやうに作り出せるは,無心所着の病と判ぜられたり。俳諧はこれにかはり,無心所着を本意とおもふべし〉(《俳諧蒙求》)と,積極的にこれを肯定した。…

※「談林俳諧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

談林俳諧の関連キーワード俳句(文学)大坂独吟集菅野谷高政俳諧・誹諧談林十百韻北条団水犬筑波集宗因千句俳諧蒙求上方文学片岡旨恕高野幽山守武千句貝おほひ内藤風虎日本文学富尾似船岡西惟中松尾芭蕉井原西鶴

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android