コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見え隠れ ミエガクレ

デジタル大辞泉の解説

みえ‐がくれ【見え隠れ】

[名](スル)
《「みえかくれ」とも》見えたり隠れたりすること。「車窓に見え隠れする海岸」
建築部材で、隠れていて見えない所。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みえかくれ【見え隠れ】

( 名 ) スル
〔「みえがくれ」とも〕 見えたり、見えなくなったりすること。 「 -にあとをつける」 「太陽が雲間に-する」
建築の部材の、目に見えない部分。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

見え隠れの関連キーワードリスボン建築トリエンナーレルワンダ国際戦争犯罪法廷ヴァンサン ミュゼリジョン ガリアーノタウシュベツ川橋梁バン・レルベルグ見え掛り部分X線望遠鏡マクレーン慣性の法則長洲(町)海獣葡萄鏡木の間隠れ木の葉猿村上春樹ICTR隠者文学ちらちらディーボ城山三郎

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見え隠れの関連情報