コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神出鬼没 シンシュツキボツ

デジタル大辞泉の解説

しんしゅつ‐きぼつ【神出鬼没】

鬼神のようにたちまち現れたり消えたりする意から》行動が自由自在で、居所などの予測がつかないこと。「神出鬼没怪盗

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんしゅつきぼつ【神出鬼没】

〔「淮南子兵略訓」より。鬼神のように自由に出没する意から〕
どこでも好きな所に現れて、目的を達するとたちまち消えてしまうこと。 「 -の怪盗」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

神出鬼没の関連キーワード神・伸・侵・信・呻・唇・娠・宸・寝・寢・審・心・愼・慎・振・斟・新・晨・森・津・浸・深・滲・申・疹・眞・真・神・箴・紳・臣・薪・親・診・賑・身・辛・辰・進・針・鍼・震ルブラン(Maurice Leblanc)ヘリング(Keith Haring)アルセーヌ・ルパン鞍馬天狗(文学)火星人ゴーホーム天竺徳兵衛韓噺Mr.カラスコ怪人二十面相謎のクィン氏ジェロニモテロリズムルパン三世金鍔次兵衛勃・歿・没ファントマ怪盗ルパンジェームズミシェウ騎馬民族

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神出鬼没の関連情報