見ては極楽住んでは地獄(読み)みてはごくらくすんではじごく

精選版 日本国語大辞典「見ては極楽住んでは地獄」の解説

み【見】 て は極楽(ごくらく)(す)んでは地獄(じごく)

外部から見ていたのと、自分で実際に経験したのとでは大きな相違があることのたとえ。〔譬喩尽(1786)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「見ては極楽住んでは地獄」の解説

ては極楽ごくらくんでは地獄じごく

はたで見たのと自分が実際に体験したのとでは大違いであること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android