見に目の毒遮るに煩悩(読み)みるにめのどくさわるにぼんのう

精選版 日本国語大辞典の解説

みる【見】 に 目(め)の毒(どく)(さわ)るに煩悩(ぼんのう)

見なければ何も感じなくていられるのに、なまじ見たために欲望が起こって苦しむということ。「見るに目の欲触るに煩悩」をもじった語。
※有馬大鑑迎湯抄(1678)「湯女はそれ見るに目の毒さはるにも煩悩有馬とふかく慎め」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる