見立番付(読み)ミタテバンヅケ

デジタル大辞泉の解説

みたて‐ばんづけ【見立番付】

相撲の番付にならい、さまざまな事物序列をつけた一覧表。江戸時代から明治時代にかけて一枚摺りの読み物として売られ、庶民の間で流行した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の見立番付の言及

【番付】より

…人形遣いは,筆下が第1位,次が書出し,第3位が中軸,以下,後前後前と交互に並ぶ。 これらのほかに,興行とは関係なく,相撲番付にならって,役者の格付,給金なども見立てた〈見立番付〉がある。【鳥越 文蔵】
[相撲番付]
 力士,行司,年寄の階級・地位を示す一覧表のことを相撲番付という。…

※「見立番付」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android