視床痛(読み)ししょうつう(英語表記)thalamic pain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

視床痛
ししょうつう
thalamic pain

視床の血管障害によって,障害部の反対側の知覚低下または知覚脱失をきたし,灼熱痛を伴う状態をいう。痛みは精神的影響を受けやすく,また悉無律 (しつむりつ) に従って鈍いか,極度になる。治療は定位的視床切截術で効果がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の視床痛の言及

【知覚異常】より

…脳幹部の障害では顔・口腔は病変側の,頸部以下は反対側の知覚鈍麻が生じることがある。大脳病変では反対側半身の知覚鈍麻がみられるが,とくに視床の障害では自発性の激しい疼痛(視床痛)を生ずることがある。大脳皮質頭頂葉の病変では複合知覚が障害される。…

※「視床痛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android