コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灼熱痛 しゃくねつつう causalgia

2件 の用語解説(灼熱痛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

灼熱痛
しゃくねつつう
causalgia

カウザルギーともいう。末梢神経幹の損傷などによって起る特異な焼かれるような痛み。やけどによるものではない。四肢の外傷によって神経幹に部分的損傷が生じたときなどに起りやすいもので,循環,発汗,骨組織の異常など一連の自律神経障害を伴うが,その機序に関しては不明の点が少くない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゃくねつつう【灼熱痛 causalgia】

カウザルギーともいう。反射性交感神経ジストロフィーreflex sympathetic dystrophyの一種。末梢神経の不完全な病変によって生ずる,耐えがたい頑固な焼かれるような痛みで,手足に触れるだけでなく,精神的な刺激でも発作的に悪化する。腕神経叢の内束,正中神経坐骨神経に最もよくみられ,傷害の1,2週間後に発症する。たとえば正中神経の場合,手には発赤,発汗が生じ,皮膚は緊満して光沢をもち,つめは湾曲して伸び圧痛があり,関節は固く腫張し,骨は希薄化してもろくなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

灼熱痛の関連キーワード副交感神経カウザルギー交感神経節下痢止剤交感神経系交感神経興奮剤副交感神経系副交感神経遮断薬免疫交感神経切除交感神経性パラガングリオン

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone