コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚べつ城 かくべつじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

覚べつ城
かくべつじょう

奈良時代の城柵 (→ ) 。光仁天皇宝亀 11 (780) 年3月,蝦夷鎮撫のために造営されたと推定されるが,この工事の成否など不明。擬定地は宮城県栗原市岩手県一関市,同県胆沢郡など3説あって一定しない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

覚べつ城の関連キーワード奈良時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android