成否(読み)せいひ

精選版 日本国語大辞典「成否」の解説

せい‐ひ【成否】

〘名〙 成ることと成らないこと。成功と失敗。済否(せいひ)。じょうふ。
※童子問(1707)中「学問之成否得失」
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉四「其親睦の厚薄天下挽回の成否(セイヒ)に関係す」 〔書経疏‐舜典〕

じょう‐ふ ジャウ‥【成否】

〘名〙 (「じょう」は「成」の呉音) 成ることと成らないこと。成功と失敗。せいひ。
※高野本平家(13C前)一「申せば父子の御中なり。先沙汰の成否(ジャウフ)は知らず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「成否」の解説

せい‐ひ【成否】

事が成ることと成らないこと。成功するか失敗するか。「結果の成否は問わない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android