(読み)さく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「柵」の解説


さく

「き」とも読む。主として古代の防御施設で,『倭名類聚抄』に「巨木を編む」とあり,木を立てて構えた城をいう。城も「き」と呼ばれ,城と柵との厳密な区別は明らかでないが,土をもって構えたものを城,木を立てて構えたものを柵という説もある。大化3 (647) 年蝦夷防備のために渟足柵 (ぬたりのき) を築き,柵戸 (きのへ) をおいたというのがその初めという。奈良~平安時代を通じて散見される。また鎌倉~戦国時代にも,城郭や戦陣に矢来のたぐいで柵の文字を使用したものがある。文献上には磐舟,都岐沙羅,出羽多賀新田などの柵名がみえるが,一部を除いて現地比定は困難である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「柵」の解説

さく【柵】[漢字項目]

常用漢字] [音]サク(漢) [訓]しがらみ とりで
木や竹などで編んだ垣根。「竹柵・鉄柵
とりで。「城柵

しがらみ【柵/×笧】

《動詞「しがら(柵)む」の連用形から》
水流をせき止めるために、川の中にくいを打ち並べて、それに木の枝や竹などを横に結びつけたもの。
引き留め、まとわりつくもの。じゃまをするもの。「世間の―」
[補説]書名別項。→しがらみ

さく【柵】

丸太などを間隔を置いて立て、それに横木を渡してつくった囲い。「を巡らす」
木を立て並べてつくった小規模の防壁。とりで。

しがらみ[書名]

中村憲吉の第3歌集。大正13年(1924)刊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「柵」の解説

さく【柵】

〘名〙
角材または丸太をまばらに立て、貫(ぬき)をわたした囲い、垣根。ませがき。やらい。また、敵の侵入を防ぐために、杭などを立てて作った防塞。き。〔十巻本和名抄(934頃)〕
② 木を立て並べて造った小規模の城。城(き)。塞(とりで)。き。
※続日本紀‐文武二年(698)一二月丁未「令越後国修理石般柵
③ しがらみ。
※平家(13C前)七「足軽共をつかはして柵(サク)〈高良本ルビ〉をきりおとす〈略〉山川なれば水は程なく落ちにけり」

くえ くへ【柵】

〘名〙
① 柵(さく)。垣(かき)。くえがき。
② 港の出入り口。
※菅江真澄遊覧記(1784‐1809)雪乃道奥雪の出羽路「海あれ水戸のくへふたがれば」

くへ【柵】

〘名〙 ⇒くえ(柵)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「柵」の解説

さく【柵】

城郭の防御施設の一種。《築城記》に〈サクノ木ノ長さ,土より上六尺余たるべし。およそ一間の内ニ五本ばかり立つべし。但し木ノ大小ニヨリ心得あるべし。人ノクヾラザル程ニ立つべし〉とあるように,立木を結い回したものである。古代の奥州豪族の城郭は,この柵を防御施設の主体としたので,それら城郭自体を柵の名で呼んだ。中世曲輪(くるわ)を主体とする城郭においても,曲輪の縁辺に柵を設けて侵入を防いだ。柵より臨時的なものは垣楯(かいだて),恒久的なものはになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【垣】より

…一般に,板塀や土塀のように表面が連続して平滑な面をなすものを塀,間隙の多いものを垣と呼ぶ傾向がある。柵も垣の一種であるが,角材や丸太をまばらに建てて,横木で連結したものを指して多く使われる。全く同一のものを,場合によって,垣,塀,あるいは柵と呼ぶことも少なくない。…

※「柵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android