コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚性法親王 かくしょうほっしんのう

1件 の用語解説(覚性法親王の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

覚性法親王

没年:嘉応1.12.11(1169.12.30)
生年:大治4.閏7.20(1129.9.5)
平安後期の真言宗の僧。全国の仏教を統括する初代総法務。鳥羽天皇の第5皇子,母は待賢門院璋子。仁和寺覚法法親王を師として出家し,さらに伝法灌頂を受け密教者として自立。以後,天皇家の安穏と国家守護のために多くの密教修法を主宰し,名声高かった。仁安2(1167)年総法務に就任,同時に仁和寺は日本国一の地位を獲得した。

(正木晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

覚性法親王の関連キーワード阿波閑々子弘法大師理源大師瑜伽乗院亮深覚勝院亮怒打聞集寛雅教如(2)俊海心覚

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone