コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平忠盛 たいらのただもり

7件 の用語解説(平忠盛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平忠盛
たいらのただもり

[生]永長1(1096)
[没]仁平3(1153).1.15.
平安時代末期の武将。正盛の子,清盛の父。永久1 (1113) 年強盗を捕えた功で一躍従五位下に叙せられた。同年の永久の強訴にも父とともに活躍。大治4 (29) 年備前守であった忠盛は,山陽,南海道の海賊追捕を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たいら‐の‐ただもり〔たひら‐〕【平忠盛】

[1096~1153]平安末期の武将。正盛の子。清盛の父。白河鳥羽上皇の信任が厚く、検非違使(けびいし)から刑部(ぎょうぶ)卿に累進、内昇殿を許された。日宋貿易により財力を得、公家的素養もあって平氏の宮廷における地歩を築いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

平忠盛【たいらのただもり】

平安末期の廷臣。正盛の子。清盛の父。白河・鳥羽両上皇の寵(ちょう)を得て累進,1129年・1135年に山陽・南海両道の海賊を討って西国に平氏勢力の基礎を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平忠盛 たいらの-ただもり

1096-1153 平安時代後期の武将。
永長元年生まれ。平正盛の子。平清盛の父。白河・鳥羽(とば)両上皇につかえる。長承元年得長寿院をつくった功により内昇殿をゆるされた。また山陽・南海両道の海賊を鎮圧,日宋(にっそう)貿易にも関係して平家繁栄の基礎をきずいた。歌人としても知られ,家集に「平忠盛集」がある。仁平(にんびょう)3年1月15日死去。58歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たいらのただもり【平忠盛】

1096‐1153(永長1‐仁平3)
平安末期の廷臣。讃岐守正盛の子。父についで白河上皇の寵を得,検非違使(けびいし),伯耆守,越前守,備前守を歴任。1123年(保安4)源為義とともに延暦寺衆徒の強訴をしりぞけ,29年(大治4)には山陽・南海両道の海賊を追捕。白河上皇が没すると引き続き鳥羽上皇の近臣として活躍。32年(長承1)得長寿院造進の功により内昇殿(うちのしようでん)を許される。翌年鳥羽院領肥前神崎荘の預所(あずかりしょ)の立場を利用して日宋貿易に関与。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たいらのただもり【平忠盛】

1096~1153) 平安末期の武将。正盛の子。清盛の父。白河・鳥羽院の寵を得て累進、山陽・西海の海賊を討って平氏の名を高め、刑部卿に進んで内昇殿を許された。日宋貿易によって一門繁栄の基礎を築く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平忠盛
たいらのただもり
(1096―1153)

平安末期の武将。平正盛(まさもり)の長男。清盛の父。白河(しらかわ)・鳥羽(とば)両院政のもとで軍事力の中心になって活躍した。1113年(永久1)に18歳で盗賊を追捕(ついぶ)して従(じゅ)五位下、左衛門尉(さえもんのじょう)になったのをはじめ、29年(大治4)に山陽・南海両道の、35年(保延1)には西海(さいかい)の海賊追討使に任命されて鎮圧するなど、武名を高めた。また、白河・鳥羽法皇の寵(ちょう)を得て、越前(えちぜん)、伊勢(いせ)、河内(かわち)、備前(びぜん)、美作(みまさか)、播磨(はりま)、但馬(たじま)などの国守を歴任する間に、西国地方の武士と主従関係を形成して勢力を拡大し、経済力を築いた。院庁(いんのちょう)にも進出して院領荘園(しょうえん)の支配にも腕を振るい、九州の神崎荘(かんざきのしょう)(佐賀県神埼(かんざき)市)で日宋(にっそう)貿易を行ったりした。そうした経済力を背景に、32年(長承1)鳥羽法皇のために得長寿院(とくちょうじゅいん)を造進し、その功によって内裏(だいり)での昇殿を許され、やがて刑部卿(ぎょうぶきょう)にまで進んだ。しかし、忠盛の経済的隆盛と急激な昇進は貴族層の反感も招き、忠盛が斜視であったため「伊勢の瓶子(へいし)(平氏)は酢甕(すがめ)(眇(すがめ))なり」と嘲弄(ちょうろう)されたり、殿上で豊明節会(とよのあかりのせちえ)の夜に闇(やみ)討ちされかけて反対に忠盛が威圧したという話などが残っている。仁平(にんぺい)3年正月15日、58歳で没したとき、左大臣藤原頼長(よりなが)は、「数国の吏を経、富巨万を累(かさ)ね、奴僕(ぬぼく)国に満ち、武威人にすぐ」と評し、そのひととなりは慎み深く奢侈(しゃし)な行いはなかったと、その死を悼んでいる。平氏繁栄の基礎を着実に築き上げた一生であった。歌才もあり『平忠盛朝臣(あそん)集』などがある。[田中文英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の平忠盛の言及

【伊勢国】より

…旧国名。勢州。現在の三重県東部。
【古代】
 東海道に属する大国(《延喜式》)。国名は,〈伊勢国風土記〉逸文に,伊勢津彦が国土を献じ,風を起こし波に乗って東方に去ったので,神武天皇の命により国神の名をとって命名したという説話がある。〈神風の〉という伊勢の枕詞もこれによる。国府は現,鈴鹿市国府町にあった。桑名,員弁(いなべ),朝明(あさけ),三重,鈴鹿,河曲(かわわ),奄芸(あむぎ∥あんへ),安濃,壱志(いちし),飯高,多気(たけ),飯野,度会(わたらい)の13郡を管する。…

【桓武平氏】より

…賜姓平氏のうち桓武天皇の皇子・皇孫に系譜をもつものの称(図)。桓武平氏に葛原(かつらはら)親王流・万多(まんだ)親王流・仲野親王流・賀陽(かや)親王流などがあり,さらに葛原親王流も高棟(たかむね)王流と高望(たかもち)王流とに分かれる。しかし,一般にはこれらの諸流のうちとくに高望王流の平氏を桓武平氏という場合が多い。
[東国の諸平氏]
 葛原親王の子高見王(高棟王の弟)の子が高望王で,彼は889年(寛平1)8月に平姓を与えられ,上総介になったことから,その子孫が東国地方に繁衍(はんえん)する基が開かれた。…

【殿上闇討】より

…平物(ひらもの)。平忠盛は,鳥羽院の念願にこたえて得長寿院を造立した功により,36歳で初めて昇殿を許された。殿上人(てんじようびと)たちがそれを不快に思い,五節(ごせち)の豊明節会(とよのあかりのせちえ)のおりに忠盛を闇討ちにしようと計画した。…

※「平忠盛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

平忠盛の関連キーワード藤原藤房平盛国藤原顕季藤原基家平家讚岐讃岐永成讃岐広直中原章貞藤原俊盛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平忠盛の関連情報