コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観性 かんしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観性 かんしょう

?-? 平安時代後期の僧。
藤原顕能の子。天台宗。応保元年(1161)京都の往生院(のち三鈷(さんこ)寺)にはいり,仏眼曼荼羅(まんだら),釈迦・阿弥陀如来像を安置,同寺を再興した。法橋(ほっきょう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

観性の関連キーワードメナンドロス・プロテクトールシーグル ホゥール物質枠無差別の原理リアリズム[文学]ハンス アルバートポール ストランド定年後の再雇用胃排出機能検査リアリズム法学ポスト構造主義非統制的観察ギルフォードミドルマーチ到達度評価フッサール自閉的思考Tスクエア相互主観性相互主体性学力テスト

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

観性の関連情報