コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角ねじ かくねじsquare thread

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

角ねじ
かくねじ
square thread

ねじ山の断面形状が正方形またはそれに近い長方形をしたねじ。四角ねじともいう。作用する軸荷重の方向が変る場合に用いられる運動用 (伝動用) ねじで,効率は高いが,工作が困難で,精度のよいものには適さない。ねじプレス,ジャッキ,大型旋盤の親ねじなどに使用されたが,現在ではほとんど使われなくなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の角ねじの言及

【ねじ】より


[ねじの基本用語]
 前述のつる巻線状の突起をねじ山といい,円筒の外表面にねじ山をもつものをおねじmale screw,中空の円筒の内表面にねじ山をつけたものをめねじfemale screwという。またねじ山の断面形状により,三角形状の断面をもつ三角ねじ,台形状の台形ねじ,角形をした角ねじ,のこぎりの歯の形状をもつのこ歯ねじ,円弧状の断面をもつ丸ねじなどに分類される(図2)。 さて,図1のつる巻線において,円筒の直径をdとし,直角三角形の底辺の長さをπd(πは円周率)に等しくとれば,三角形の紙はちょうど円筒をひと巻きし,その間につる巻線は三角形の高さlだけ高くなる。…

※「角ねじ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

角ねじの関連キーワードユニファイねじウイットねじウィットねじメートルねじISOねじのこ歯ねじインチねじ機械要素ねじ山

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android