工作(読み)コウサク

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
簡単な器物を作ること。また、それを学ぶ学科。「図画工作
土木・建築・製造などの工事や作業。
ある目的を達するために、前もって他に働きかけたり、計画をめぐらしたりして下準備すること。「陰にまわって工作する」「和平工作

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (━する) 器物などを作ること。また、大工仕事をすること。こしらえること。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「西洋各国は工作貿易を以て国を立るの風にて」
※パノラマ島綺譚(1926‐27)〈江戸川乱歩〉一「目的の知れぬ土木事業とも、庭作りともつかぬ工作(コウサク)が始ったのです」
② 土木、建築、製造などに関する仕事。
※経済小学(1867)下「外国人の競迫を抑へ国内の工作を守衛する者あり」 〔後漢書‐皇后上・和熹鄧皇后紀〕
③ (━する) ある目的達成のため、あらかじめ計画的な働きかけを行なうこと。下準備として工夫策略をめぐらすこと。〔モダン用語辞典(1930)〕
※真空地帯(1952)〈野間宏〉四「母親が方々工作してその職をさがしてきた」 〔李邕‐春賦〕
[語誌](1)中国の英華辞書や洋学書を通じて幕末明治初期に日本に伝わった語。
(2)昭和初期、中国語の「工作」が、日本の新聞の軍事関係の記事に頻繁に現われたが、その際日本では軍事的な色彩を帯びたものと受取られる一方、「裏工作」「秘密工作」「スパイ工作」などにおけるように、裏の、陰で行なわれるものという語感が加わった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

工作の関連情報