コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角礫状破砕岩 かくれきじょうはさいがんkakirite

岩石学辞典の解説

角礫状破砕岩

肉眼的に剪断され角礫化された圧砕岩.原岩の破片が無数の滑り面に囲まれ,周囲の部分では激しい粒状化作用や再結晶作用が行われたもの[Svenonius : 1894].プロトミロナイト(protomylonite)と同義.スウェーデン,ラップランドのカキル(Kakir)湖に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android