コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解像感 カイゾウカン

デジタル大辞泉の解説

かいぞう‐かん〔カイザウ‐〕【解像感】

写真や画像のきめの細かさを表す言葉。「解像感が良い」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

解像感

 画像の細かい描写力を表す言葉。解像感が高ければ細かい部分もきちんと描写されているということ。デジタルカメラでは、解像感を表すには限界のプリントサイズは画素数によって決まってくる。一般的には200万画素でハガキサイズ、400万画素でA4サイズまで解像感が失われることなく再現できると言われている。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

解像感の関連キーワードTruePic昇華型プリンタISO~相当画素補間

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

解像感の関連情報