画素数(読み)がそすう

  • がそすう〔グワソ〕

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

画像を構成する画素が画素数。デジタルカメラで画素数といった場合、使用しているCCDの受光部である素子の数を表す。光を信号に変換する素子の数は、デジタルカメラの性能を測る重要な要素で、その素子が多いほど光を受けてデータに変換される画素の数が多く、より多くの情報を記録できる。デジタルカメラが発売された当初は、パーソナルユーズのものでは30万画素のものが主流だった。しかし今ではメガピクセルモデルと呼ばれる、300万画素を超える高画素数のCCDを搭載したモデルも登場、150万画素以上が普通となった。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

カメラマン写真用語辞典の解説

 デジタルカメラの イメージセンサー撮像素子)で画素数と言うときは、受光素子(フォトセンサー)の数を指し、一般的にはその数が多いほど 解像度 が増し、最盛時に微細な描写ができる。ただし、単純に画素数が多ければ“画質がよい”とは言い切れない。もし、同じ画素数のイメージセンサーであるなら、ひとつひとつのフォトセンサーのサイズが大きいほうがノイズが少なく高画質が得やすいとされているからだ。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

画像を構成するピクセル(画素)の数。「1024×768」「3264×2448」のように、のピクセルの数ので表される。特にデジタルカメラやデジタルビデオカメラの画素数については、イメージセンサー総画素数、実際に撮影に使われる有効画素数メモリーカードなどに記録される記録画素数の3種類に区別される。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android