コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

画素数 がそすう

4件 の用語解説(画素数の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

画素数

画像を構成する画素の数が画素数。デジタルカメラで画素数といった場合、使用しているCCDの受光部である素子の数を表す。光を信号に変換する素子の数は、デジタルカメラの性能を測る重要な要素で、その素子が多いほど光を受けてデータに変換される画素の数が多く、より多くの情報を記録できる。デジタルカメラが発売された当初は、パーソナルユーズのものでは30万画素のものが主流だった。しかし今ではメガピクセルモデルと呼ばれる、300万画素を超える高画素数のCCDを搭載したモデルも登場、150万画素以上が普通となった。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

がそ‐すう〔グワソ‐〕【画素数】

pixels画素の総数。デジタルカメラなどでは、総画素数有効画素数記録画素数の3種類があり、特に有効画素数を指していうことが多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

画素数

 デジタルカメラの イメージセンサー撮像素子)で画素数と言うときは、受光素子フォトセンサー)の数を指し、一般的にはその数が多いほど 解像度 が増し、最盛時に微細な描写ができる。ただし、単純に画素数が多ければ“画質がよい”とは言い切れない。もし、同じ画素数のイメージセンサーであるなら、ひとつひとつのフォトセンサーのサイズが大きいほうがノイズが少なく高画質が得やすいとされているからだ。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

がそすう【画素数】

画像を構成するピクセル(画素)の数。「1024×768」「3264×2448」のように、横と縦のピクセルの数の積で表される。特にデジタルカメラやデジタルビデオカメラの画素数については、イメージセンサー総画素数、実際に撮影に使われる有効画素数メモリーカードなどに記録される記録画素数の3種類に区別される。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

画素数の関連キーワード画素記録画素数撮影画素数ピクセルメガピクセル有効画素数デジタル画像出力画素数総画素数画像サイズ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

画素数の関連情報