コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解毒作用 げどくさようdetoxication

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

解毒作用
げどくさよう
detoxication

生体内で有毒物質を無毒物質に変え,これを尿中に排出する作用。これを司る重要な器官肝臓で,グルクロン酸の肝臓における解毒作用では,結合の相手が酸のときエステル結合アルコールのときエーテル型グルコシド結合,スルフォンアミドのときアミノ基補酵素Aおよびアデノシン三リン酸の協力でアセチル化されて解毒する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

解毒作用の関連キーワードポリフェノール・ゴマリグナン・イソフラボンスルフォラファン火山性ガス中毒ビタミンB15ビタミンB17はげ・若はげグルタチオン生理的黄疸γクルクミンシステインチオクト酸デンジソウデトックスオウレンクロレラ炭水化物ダイコンクレソン肝性昏睡

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

解毒作用の関連情報