解毒作用(読み)げどくさよう(英語表記)detoxication

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

解毒作用
げどくさよう
detoxication

生体内で有毒物質を無毒物質に変え,これを尿中に排出する作用。これを司る重要な器官肝臓で,グルクロン酸の肝臓における解毒作用では,結合の相手が酸のときエステル結合アルコールのときエーテル型グルコシド結合,スルフォンアミドのときアミノ基補酵素Aおよびアデノシン三リン酸の協力でアセチル化されて解毒する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

解毒作用の関連情報