コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言ひ甲斐無し イイガイナシ

2件 の用語解説(言ひ甲斐無しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いいがい‐な・し〔いひがひ‐〕【言ひ×斐無し】

[形ク]
とりたてて言うだけの値打ちがない。つまらない。
「すべては礼儀を知らず、格式をわきまへざるは―・し」〈沙石集・一〇〉
ふがいない。いくじがない。
「―・き味方の奴ばら」〈浄・太功記
[補説]中世以降の語。平安時代には「いうかいなし」を用いた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いいがいなし【言ひ甲斐無し】

( 形ク )
言ってきかせても効果がない。 「聞きいれる気色のなきに、お民-・しと断念して/経つくえ 一葉
取り立てて言うだけの値打ちがない。つまらない。 「 - ・き者の讒言により、御中違はれ候ふ事/謡曲・船弁慶」 〔中世以降の語。中古は「いふかいなし」を用いた〕 → いうかいなし

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone