コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言ひ甲斐無し イイガイナシ

デジタル大辞泉の解説

いいがい‐な・し〔いひがひ‐〕【言ひ×斐無し】

[形ク]
とりたてて言うだけの値打ちがない。つまらない。
「すべては礼儀を知らず、格式をわきまへざるは―・し」〈沙石集・一〇〉
ふがいない。いくじがない。
「―・き味方の奴ばら」〈浄・太功記
[補説]中世以降の語。平安時代には「いうかいなし」を用いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いいがいなし【言ひ甲斐無し】

( 形ク )
言ってきかせても効果がない。 「聞きいれる気色のなきに、お民-・しと断念して/経つくえ 一葉
取り立てて言うだけの値打ちがない。つまらない。 「 - ・き者の讒言により、御中違はれ候ふ事/謡曲・船弁慶」 〔中世以降の語。中古は「いふかいなし」を用いた〕 → いうかいなし

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

言ひ甲斐無しの関連キーワード値打ち船弁慶格式中古

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android