コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絵本太功記 えほんたいこうき

6件 の用語解説(絵本太功記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絵本太功記
えほんたいこうき

浄瑠璃。時代物。 13段。近松柳,近松湖水軒近松千葉軒の合作。寛政 11 (1799) 年大坂道頓堀若太夫芝居 (豊竹座) 初演。実録体小説真書太閤記』,読本『絵本太閤記』などに取材し,明智光秀 (作中では武智) の謀反を中心に描く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えほんたいこうき〔ヱホンタイコウキ〕【絵本太功記】

浄瑠璃時代物。13段。近松柳・近松湖水軒・近松千葉軒の合作。寛政11年(1799)初演。「絵本太閤記」などをもとにしたもので、10段目「尼ヶ崎」(通称「太十(たいじゅう)」)が有名。太功記。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

絵本太功記【えほんたいこうき】

近松柳(やなぎ)ら作の浄瑠璃。1799年初演。また,これに基づく歌舞伎劇。時代物。通称《太功記》。読本(よみほん)の《絵本太閤記》より,武智光秀(明智光秀)の謀叛から滅亡までを13段に分けて脚色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えほんたいこうき【絵本太功記】

人形浄瑠璃。時代物。13段。別名題《絵合太功記》。近松柳,近松湖水軒,近松千葉軒による合作。1799年(寛政11)7月12日から大坂若太夫芝居で初演。太閤記物(たいこうきもの)の代表作。1797年から1802年(享和2)にかけて出版された読本《絵本太閤記》などによって知られた秀吉一代記から,光秀の反逆を中心に脚色したもの。6月1日から13日までの物語を1日1段に構成した珍しい趣向。この時期,人形浄瑠璃は,歌舞伎に押されて興行不振だった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えほんたいこうき【絵本太功記】

人形浄瑠璃。時代物。近松柳・近松湖水軒・近松千葉軒の合作。1799年初演。一三段。「絵本太閤記」により、明智光秀の謀反から滅亡までの一三日間を一日一段に構成。一〇段目「尼ヶ崎あまがさきの段」(通称「太十たいじゆう」)は有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

絵本太功記
えほんたいこうき

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。時代物。13段。近松柳(やなぎ)、近松湖水軒(こすいけん)、近松千葉軒(せんようけん)合作。1799年(寛政11)7月大坂・豊竹座(とよたけざ)初演。通称「太功記」。岡田玉山の読本(よみほん)『絵本太閤記』をもとに、明智光秀(あけちみつひで)の謀反から小栗栖(おぐるす)村における最期までを、6月1日から13日まで、1日1段(冊)ずつに分けて脚色。当時の法規に触れないように、登場人物の役名は明智を武智(たけち)、織田(おだ)信長を小田春永(おだはるなが)、羽柴(はしば)秀吉を真柴久吉(ましばひさよし)としている。初演の翌年には歌舞伎(かぶき)にも移された。とくに有名なのは、反逆者の悲哀と、若い男女の純愛を裂く戦争の非情を鮮やかに描いた6月10日「尼ヶ崎(あまがさき)」の段で、「太十(たいじゅう)」(「太功記十段目」の略)の通称で広く親しまれている。
 武智光秀の母皐月(さつき)は息子の謀反を恥じ、尼ヶ崎に閑居。光秀の妻操(みさお)、息子十次郎(じゅうじろう)、その許嫁(いいなづけ)の初菊(はつぎく)が見舞いにくる。十次郎は父に従うため、討ち死にを覚悟でいとまごいをするが、その心を察した皐月は、彼の出陣に先だって初菊と祝言させてやる。今宵(こよい)、この家へ一夜の宿を求めた旅僧は久吉の変装で、それを追ってきた光秀は久吉を討とうとして、過って皐月を竹槍(たけやり)で刺す。そこへ重傷を負った十次郎が戻って敗戦の模様を伝え、父の身を気遣いながら死ぬ。さすがの光秀も恩愛の情に迫られて泣く。おりから久吉が現れ、光秀と山崎での一戦を約して別れる。なお、6月1日~5日の段では、春永から侮辱を受けた光秀の本能寺における弑逆(しぎゃく)や、高松城主清水宗治(むねはる)の妹玉露(たまつゆ)と恋人浦辺山三郎のエピソードなどを描き、そのあと、妙心寺における光秀の動揺(六日の段)や、鱸重成(すずきしげなり)の子孫市(まごいち)が足利(あしかが)家の遺児を助けるため、命を捨てる話などが描かれている。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の絵本太功記の言及

【明智光秀】より

…ちなみに織田信長を尾田春永,羽柴秀吉は真柴久吉といいかえられるのが約束であった。それら〈太閤記物〉のなかで光秀像を決定づけたのは,1799年(寛政11)初演の浄瑠璃《絵本太功記》であろう。この作品は歌舞伎では翌1800年に上演されている。…

【太閤記物】より

…《時代織室町錦繡》は8段物の技巧作で,81年2月初演。寛政・享和期(1789‐1804)に多く作られ,89年《木下蔭狭間合戦(このしたかげはざまがつせん)》,91年《彫刻左小刀》,93年《蝶花形名歌島台》,94年《唐錦艶書功(からにしきえんしよのいさおし)》《日本賢女鑑》,96年《鬼上宦漢土日記(おにしやがんもろこしにつき)》,99年《絵本太功記》《太功後編の旗颺(たいこうごにちのはたあげ)》,1801年《日吉丸稚桜(わかきのさくら)》など16作があり,この時期は太閤記物の最盛期であり,注目作の《木下蔭狭間合戦》と代表作の《絵本太功記》とで終始した。前者は桶狭間(おけはざま)の合戦を背景としたもので歌舞伎においてもくり返し上演された。…

【文弥節】より

…それをさらに応用したのが初世の高弟岡本阿波太夫で〈愁ひ節〉として知られた。文弥節を吸収したのは義太夫節で,《伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)》の〈政岡忠義の段〉の,〈忠と教える親鳥の〉は文弥節,《絵本太功記》十段目の〈涙に誠あらわせり〉は文弥オトシである。そのほか,山本角太夫(かくだゆう)の角太夫節も影響を受け,一中節も文弥の泣き節をとり入れたといわれ,新内節で使われるウレヒは,阿波太夫の影響といわれる。…

※「絵本太功記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

絵本太功記の関連キーワード素浄瑠璃操り浄瑠璃時代浄瑠璃浄瑠璃狂言浄瑠璃座淡路源之丞内海繁太郎景清(人形浄瑠璃)《廿四孝》(人形浄瑠璃)文七(人形浄瑠璃)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

絵本太功記の関連情報