コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

値打ち/直打ち ネウチ

デジタル大辞泉の解説

ね‐うち【値打ち/直打ち】

その物や事柄がもっている価値。役に立つ程度・度合いや、その物の品位。「―のある本」「やってみる―がある」「人の―は外見では決められない」
品物の値段。あたい。「一文の―もないがらくた」
値段を評定すること。ねぶみ。
「あれでも―にしたら今じゃ余っ程するでしょう」〈漱石道草

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねうち【値打ち】

( 名 ) スル
物の良さ・大切さなどの度合。物の価値。 「骨董品としての-はない」 「人の-」
値段。価格。 「此弾丸たまの-は幾許いくばくなるや/月世界旅行
物の価を定めること。評価すること。 「親達親類へのつかひ物、絹綿も-して/浮世草子・懐硯 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

値打ち/直打ちの関連キーワードラ・ロシュフーコー浮き世は一分五厘比べ物・較べ物家柄より芋茎沽券が下がる男は気で持て千鈞の重み金箔が付く腐っても鯛箔を付けるベストバイ男を下げる五一三六浮世草子千両道具御買得感千枚道具牛溲馬勃ジャンクがらくた

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android