計謀(読み)ケイボウ

デジタル大辞泉の解説

けい‐ぼう【計謀】

はかりごとをめぐらすこと。また、はかりごと。計略。「計謀を用いて人を陥れる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

けい‐ぼう【計謀】

〘名〙 はかりごと。たくらみ。計略。謀計。〔律(718)〕
南蛮寺興廃記(1638頃)「領主龍造寺の押留せんことを思慮して計を廻らし、将軍家の従臣さふかや源内といふ者を荷担し」 〔史記‐張儀伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android