コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

記録密度 きろくみつど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

記録密度

記録媒体の一定面積、長さあたりに記録できるデータ密度のこと。値が大きいほど記録できるデータ量が増える。単位BPI、TPI(1インチあたりに記録できるトラック数を表す単位)などがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

記録密度の関連キーワードナノパーティクルメディア短波長赤色半導体レーザーbit per inchCD青色半導体レーザーデジタルオーディオ磁気ディスク装置DVR二次元バーコードスピントロニクス磁気テープ装置フロプティカルトラックピッチ垂直磁気記録二次元コード水平磁気記録HSドライブ内部転送速度最小ピット長OAW技術

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android