コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

記録密度 きろくみつど

2件 の用語解説(記録密度の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

記録密度

記録媒体の一定の面積、長さあたりに記録できるデータの密度のこと。値が大きいほど記録できるデータ量が増える。単位はBPI、TPI(1インチあたりに記録できるトラック数を表す単位)などがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きろく‐みつど【記録密度】

recording density光ディスク磁気テープなどの記録メディアにおける、単位面積や単位長さ当たりの記録容量。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

記録密度の関連キーワード記録画素数垂直磁気記録BPI東華録記録媒体古記録新記録タイ記録定積面積速度一定の法則

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

記録密度の関連情報