設備投資の決定ラグ(読み)せつびとうしのけっていラグ(英語表記)time-lag of capital investment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

設備投資の決定ラグ
せつびとうしのけっていラグ
time-lag of capital investment

企業の設備投資決定・実行の流れは,製造業の場合,調査・営業部門 (3~5年の製品需給の予測) →全社ガイドラインの設定→各工場・事業部門 (個別プロジェクト案の作成) →全社取りまとめ→役員会の決定→各工場・事業部門の投資実行→事後評価 (フォローアップ) となる。標準的プロジェクトで意思決定に至るまで1年以上を要し,さらに物理的工期は,通常1年程度が経過する。こうした設備投資の決定ラグの把握は,(1) 投資変動の解明,(2) 先行きの動向予測,(3) 設備投資関数の説明変数のタイムラグ設定,(4) 前記の流れがより簡略化される中堅・中小企業の設備投資が,大企業のそれに先行的な動きを示すことを理解する上で重要なポイントとなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android