把握(読み)はあく

精選版 日本国語大辞典「把握」の解説

は‐あく【把握】

〘名〙
① 手でにぎりとること。つかむこと。とらえること。また、その分量。
名君(1920)〈菊池寛〉「その堅い把握の手を緩めて」 〔国語‐楚語下〕
② 完全に理解すること。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉七「その心に把握(〈注〉トリニギル)するところあるを覚ければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「把握」の解説

は‐あく【把握】

[名](スル)
しっかりとつかむこと。手中におさめること。「政権を把握する」
「その堅い―の手を緩めて」〈菊池寛・名君〉
しっかりと理解すること。「その場の状況を把握する」
[類語]握る理解分かる知る解釈分かりのみ込み承知認識物分かり聞き分けわきまえわきまえる分別ふんべつ学ぶ了知存知聞知合点了解自覚納得早分かり早飲み込み早合点話せる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「把握」の解説

【把握】はあく

手につかむ。一握り。〔国語、楚語下〕王曰く、の小大は何如(いかん)と。(観射父)對(こた)へて曰く、(けんりつ)(のごとき小さな角)にぎず、嘗(じようしやう)は把握(手にもつほどの肉)にぎずと。

字通「把」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android