コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

設備投資関数 せつびとうしかんすうcapital investment function

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

設備投資関数
せつびとうしかんすう
capital investment function

設備投資需要と,それを決定する要因との間の関係を示すもの。伝統的には加速度原理,利潤原理,資本ストック調整原理が提示され,その目指すところは D.W.ジョルゲンソンによると,(1) 最適資本ストック水準の決定要因,(2) 現存の資本ストック水準を最適資本ストック水準に調整する過程に関するラグの設定要因の定式化にある。これらに対し T.ホーベルモが「投資そのものの規模を決定するものではない」として基本的な批判を提起したことから,ジヨルゲンソンの新古典派投資理論,J.トービンの q理論などが展開されてきた。しかし,いずれも特定の仮定の下での一局面を特定化したものであるという制約は免れない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

設備投資関数の関連キーワード設備投資の決定ラグ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android