中堅(読み)チュウケン

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐けん【中堅】

社会や団体の中心となって活動する人。「会社の中堅として活躍している」「中堅幹部」
規模や質が中くらいな物。「中堅校に合格した」「中堅商社」
全軍の中央にあり、将軍の直接指揮する精鋭部隊。中軍。
野球で、外野の中央。また、そこを守る選手。センター。
剣道や柔道などの団体戦で、3人制の場合は2番目に、5人制の場合は3番目に戦う人。→先鋒次鋒副将大将

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうけん【中堅】

ある集団の中心となって活動する人。また、地位や規模などはそれほど上位ではないが、中心となって働いたり、確実な業績を上げたりしている人や団体。 「 -の社員」 「 -幹部」 「業界では-の会社」
大将に直属する、精鋭で守りの堅い中心部隊。中軍。 「敵の-をつく」
野球で、右翼と左翼の中間。また、そこを守る選手。センター。
剣道・柔道などの団体戦で、先鋒せんぽうから大将までの間の中央に位する選手の称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐けん【中堅】

〘名〙
① 多くの部隊の中ほどに位置し、大将が直接統率する、最も精鋭で守りの堅い軍。中軍
日本外史(1827)六「義貞常掄精強七千。為中堅」 〔後漢書‐光武紀上〕
② 社会または団体の中心となって活動する人。また、地位や規模はそれほど上位ではないが、中心の働き手となったり、確実な業績をあげたりしている人や団体。
※政治小説を作るべき好時機(1898)〈内田魯庵〉「斯の如き代議士を中堅(チウケン)とする政党が国政を宰理する現今」
③ 「ちゅうけんしゅ(中堅手)」の略。〔新式ベースボール術(1898)〕
④ 柔道や剣道の団体戦で、そのチームの先鋒(せんぽう)から大将までの中で中央に位置する選手。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中堅の関連情報