前記(読み)ぜんき

精選版 日本国語大辞典「前記」の解説

ぜん‐き【前記】

〘名〙
① かつてしるした文書や記録。前代の記録文書。旧記。〔後漢書‐班固伝〕
② (━する) 前の部分に書きしるすこと。また、書きしるした箇条前述
※殿村篠斎宛馬琴書簡‐天保四年(1833)七月一三日「続西遊記よりすぢはとほりて、宜しきことなきにあらず。しかれども、に着せたるの面にて、前記の余涎を䑛るの外無之候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android